Rainforest Foundation Japan ひろしま支部ホームへ特定非営利活動法人 熱帯森林保護団体 ひろしま Amazon Rainforest Foundation Japan,Hiroshima

RFJひろしま支部について

ホーム > RFJひろしま支部について > RFJひろしま支部のあゆみ

RFJひろしま支部のあゆみ

2013年

2月9日(土)      第4回「行動人となれ!」学習会「アマゾンカフェ」を、南研子さんを迎え開催しました。

3月?7月       イプレリ広場を開催して、カフェ交流・学習会。(3/30、4/21、5/18、7/27)

9月16日(祝日)   ワークショップ「キッチンロケットストーブ作り」で5台のキッチンストーブができました。

              講師:荒川純太郎氏(共生庵・地球市民共育塾共同主宰、日本ロケットストーブ普及協会代表)

9月28・29日(土・日) 青少年健全育成事業 行動人となれ!「?ぼくらの未来はどうなる―」地球環境から知るこれから

「自分のなかのアマゾンを見つける旅に出る」in宮島大聖院

ボディペインティング、シーカヤック、弥山登山、吉田正裕座主との交流会、座禅などの活動。

同時開催:「アマゾン現地視察報告会」熱帯森林保護団体事務局長 白石絢子

10月24日(木)    国際ソロプチミスト広島 「チャリティーバザールと茶会」に出店参加しました。

10月26(土)      南研子講演会「アマゾンからのメッセージ」に合わせ、 (広島日伯協会主催・広島市留学生会館ホール)

「アマゾン基金ひろしま」の支援で作成されたアマゾンの女性制作の工芸品展示を行いました。

11月3日(日)      「広島市留学生会館まつり2013 」で「アマゾンカフェ」を出店しました。

11月9、10日(土・日) 「アマゾンチャリティーバザール」の開催。 at佐伯区五日市「安芸町家」(協賛:大須賀建設)

11月16、17日(土・日) 宮島大聖院「もみじ祭り」で募金活動。

11月           第9回RCCエコロジーファンドの「特別賞」を受賞しました。

12月19日(木)     一年のまとめの会をしました。

(土・日)

2012年

3月24日(土)RFJひろしま10周年イベントと
白石絢子出版記念講演会「アマゾン、シングーへ続く森の道」を開催しました。

4月 公益財団法人 マツダ財団より マツダ市民活動支援金20万円を
青少年健全育成事業「行動人となれ!ーぼくらの未来はどうなるー 地球環境から知るこれから・・・」の
活動にご支援いただきました。

5月?7月 3回の学習会開催

10月6?8日(金土日) 広島市三滝少年自然の家にて「青少年強化合宿」開催
東京本部から白石絢子氏とスタッフ角田明日香を迎えて
講演会、森から拾った物で創作、ボディペインティング、火起し体験等を実施しました。

11月4日(日)広島市留学生会館まつりに「アマゾンカフェ」を出店し、
ヤングスタッフが中心になって、ボディペイントを実施しました。

* 国際ソロプチミスト広島様のご推薦により ソロプチミスト日本財団より 
社会ボランティア賞を熱帯森林保護団体ひろしまが受賞。
11月8日(木) 札幌にて行われた年次贈呈式で表彰状と副賞20万円をいただきました。

(表彰式の様子)

 

表彰式の写真表彰式の写真

2011年

*3月6日 総会。本年の方針決定。5日のワークショップの成功を期に、青少年育成事業を継続、秋にも講演会・ワークショップを開催予定。アマゾン基金ひろしまも継続。

 

2月7日(月)フェアトレードセミナー開催「2011新春アマゾンカフェ=スリランカコーヒープロジェクトに学ぶ」

3月5日(土)広島ニューライオンズクラブ後援のアマゾンイベント「ぼくらの未来はどうなる!?学び合おう地球からのメッセージ??多様な種がくらす森が語る生物多様性の観点から?」

1部講演会と手作り昼食の後、ファシリテータ?吉橋久美子さんを迎えてワークショップを初体験しました。

9月10日(土)RFJ現地視察報告会?広島からアマゾンを考える2011 シリーズNo. 13
「アマゾンジャングルのはちみつのお話」
講演:RFJ代表 南 研子氏 事務局長 白石 絢子氏

11月6日(日)広島市留学生会館まつりに「アマゾンカフェ」出店

11月12、13日(土日)アマゾンチャリティーバザー開催

2010年

*「アマゾン基金ひろしま」を設立。コーヒー事業部、出前講演会等活動を続ける。シングーインディオ女性の経済自立支援の目的で、広島から直接の現地支援事業を立ち上げる。

 

3月「アマゾン基金ひろしま?森の存続を願って?」設立。

4月17日 本部の代表、事務局長、新潟・長崎支部の代表を迎えてRFJ21周年記念パーティー開催。

21周年記念講演会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月 カマラ図案キャニスター製作・販売 (コーヒー事業1周年記念300個)

11月6?7日(土・日)
(株)大須加建設の協賛を得て、「アマゾンチャリティーバザール?この地球にずっと住んでいたいから…」を佐伯区五日市にある地産地消の考えに基づいたモデルハウス「安芸町家」にて開催。

他の団体イベント参加:広島市留学生会館まつり(11月7日) マノスバザールにアマゾンカフェ出店(12月4日)

12月 カマラ図案マグカップの製作・販売(120個)

その他、イベントカフェとして「アマゾンカフェ」を主催(5月30・31日、8月22日)

アマゾンカフェボディペ横川No2

 

アマゾンカフェ横川ボディペNo1

 

 

 

2009年

*(株)ナチュラルコーヒー社との契約により、フェアトレードコーヒー受注販売およびコーヒー事業部を立ち上げ、フェアトレードの普及活動を始める。

 

4月 コーヒー事業部設立、オリジナルブランド「イプレリ」コーヒー販売開始。

6月 小冊子「アマゾンが広島にやってきた」2007年から2年の歳月を経て完成。

他の団体イベントに参加:東広島国際センター「ワールドフェア―」(3月28日)

(ボディペイント・ワークショップと写真展示):広島市留学生会館まつり「アマゾンカフェ」出店(11月1日)

12月 コーヒー事業部、はじめて「冬のプレゼント」としてスタッフで発送を始める。

2008年

*アマゾン展以後の活動に3本の柱を立てる

 

  1. 年2回東京本部代表南研子を迎えての講演会・イベントや学習会
  2. 「出前講座」(代表を中心とするRFJひろしまスタッフ)
  3. 環境イベントへの参加

10月4日には、財団法人ひろしま国際センター草の根協力助成金事業として、体験型、大学生の協力による「来てみんさい!広島アマゾン村?五感で感じるアマゾン?」を広島市に実現(120名)。啓蒙活動のツールとして作成した写真入りパンフレットが完成し、披露する。

11月2日 広島市留学生会館まつりに「アマゾンカフェ」として暖かいコーヒーを中心に販売、留学生市民との交流。

12月6日 地球温暖化フェアにフェアトレードコーヒーを販売する。

2007年

3月12日 広島フレンドリークラブで南研子講演会。

5月25日?31日

広島市アステールプラザ市民ギャラリーにて、アマゾン・インディオ文化展開催。

ブラジル先住民の長老ラオーニ・メトゥティレ氏とブラジル支部代表も開会式に参加し、市民の手による本格的展示会としてマスコミにも取り上げられる。NGO、環境団体関係者を含めた55名のボランティアに支えられ来場者約2000名のイベントとなる。

広島西ロータリークラブとの共同主催シンポジウム「広島からアマゾンを考える」(80名)の他、サブイベントとして、長老ラオーニも参加したボディペインティングワークショップ、松本英揮スライドショー、ネーチャーゲーム、アマゾンカフェ等開催。長老ラオーニ氏は、広島修道大学学術講演会で学生を前にアマゾンの現状を訴えた。平和公園、宮島大聖院を訪れる。広島日伯協会を表敬訪問。

他の組織・団体イベントへの出展:

温暖化ストップフェア(06年度2月)(07年度11月)

広島市国際交流の日(11月)

2006年

広島初の「アマゾン・インディオ文化展」を開催するために23名の「アマゾン・インディオ文化展実行委員会(代表松岡)」を立ち上げ、プレイベントとして、「カマラ・メイナク絵画展」を広島市西区区民文化センターで開催し、1週間で500名の来場者を得る。2007年のアマゾン展に向け学習会シリーズをスタート(別表)。アマゾンを支援する事の意味を探り続ける。

2005年

講演会+チャリティーコンサート(120名)、映像作家森谷博さんを迎えてのアマゾン訪問写真展と南×森谷の対談(150名)、国際交流の日には本部若手白石絢子が「初めてのアマゾン」(50名)について若者向けの話しをするなど、活動を広げる。

支部代表松岡へ出前講座の依頼があり、7月広島国際大学、広島南ロータリークラブのゲストスピーカーとしてアマゾンの話をする。

世界広島市長会議展示ブース(8月広島国際会議場)、広島市国際交流イベント「ぺあせろべ”Peacelove"」(10月広島市中央公園)など、他の団体イベントにも参加。

2004年

2月、10月と、広島の各地で支援の輪が広がるにつれて講演会の場所も、湯来町、広島市、福山市、広島修道大学と広がる。この年合計約560名の市民が参加。

2003年

4月 広島支部設立

広島市立中学校の美術講師松岡敏子(広島支部代表)は、2000年に出版された南研子の本「インディオからの伝言」を読んで感動し、02年11月初めて広島に南研子を招く。続いて賛同者と協力して2003年2月、4月と、講演会を開いた。11月には、国際交流協力の日の講演者として、南研子を招く。